令和元年分の確定申告の期限


岡崎市・名古屋の税理士法人アイビスが令和元年分の確定申告の期限についてお知らせします。

もうすぐ令和2年分の確定申告がスタートしますが、新型コロナの影響により、令和元年分の申告を行っていない場合、いつまでに申告を行えばよいか。

国税庁の「国税における新型コロナウイルス感染症拡大防止への対応と申告や納税などの当面の税務上の取扱いに関するFAQ(令和3年1月13日更新)」問1では、令和元年分の確定申告について、「令和2年分の確定申告を行うまでに行っていただくようお願いします(令和2年分の確定申告と同時でも差し支えありません)」としています(令和2年分の確定申告期限後に申告を行った場合、原則、期限後申告と取り扱われる)。

令和2年分確定申告の申告期限以降に申告した場合

もっとも、令和元年分について、令和2年分確定申告の申告期限以降に申告した場合であっても、令和2年分確定申告の期限までに申告できないことについて災害その他「やむを得ない理由」があると認められる場合には、「期限後申告」として取り扱われません。

他の申告書や申請書等を提出した場合

ただし、令和元年分の申告所得税等の確定申告書を提出する前に、他の申告書や申請書等を提出した場合は、令和元年分の所得税等の確定申告をすることができない「やむを得ない理由」があったとは原則認められず、「期限後申告」として取り扱われるということですので、留意が必要です。


岡崎市・名古屋の税理士法人アイビスでは事業者様へのお役立ち情報を提供しています。
ぜひ岡崎市・名古屋の税理士法人アイビススタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。