最大350万円!PCタブレットなどの購入費が補助対象に! IT導入補助金 2022

2022IT導入補助金について岡崎市 税理士法人が解説

IT導入補助金2022について


<IT導入補助金とは>

中小企業・小規模事業者のみなさまがITツール導入に活用いただける補助金です。IT導入補助金を活用することで、積極的にITツールを導入し、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図ることができます。また、働き方改革や賃上げ、インボイス導入などに対応できるよう生産性向上に役立つITツールを導入するときにも活用いただけます。

IT導入補助金2022 前年からの変更点

令和3年度補正(IT導入補助金2022)からは、これまでの通常枠(A・B類型)に加え、デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型・複数社連携IT導入類型)も追加されました。
クラウド利用料やハードウェア購入費が対象になったほか、インボイス制度対応に関わる会計ソフト受発注ソフトなどを対象に補助率が引き上がりました。

IT導入補助金申請スキーム


IT導入補助金申請について税理士法人(岡崎市)が解説

IT導入補助金申請スキーム 図

他の補助金と違い
補助金の申請をする中小企業・小規模事業者(補助事業者)、申請の受付、交付をするIT導入補助金事務局のほかに、”IT導入支援事業者”という3人目がかかわる必要があることです。
補助事業申請者とともに補助事業を実施する共同事業者のことをIT導入支援事業者と呼び、ITツールの提案・導入、事業計画の策定支援をはじめとし各種申請のサポートを行います。なお、IT導入支援事業者が事務局に登録し、認定を受けたITツールのみがIT導入補助金の補助対象経費となります。

!注意!IT導入支援事業者を装った悪質な事業者にご注意ください
IT導入支援事業者登録を受けていないにも関わらず、IT支援事業者を装って架空の補助金申請を斡旋するというケースが報告されています。不審な点がある場合は、必ずIT導入補助金のホームページやコールセンターにてIT導入支援事業者登録の有無や公募のスケジュールなどをご確認いただきますようよろしくお願いいたします。

新枠紹介
令和3年度補正予算(デジタル化基盤導入類型)


補助額


ITツール PC等 レジ等
~50万円以下 50万円超~350万円 ~10万円 ~20万円
補助率 3/4 3/2 2/1
対象経費 ソフトウェア購入費、クラウド利用費(クラウド利用料2年分)、ハードウェア購入費、導入関連費
【複数社連携IT導入類型のみ】事務費・専門家費

まずは申請・導入の3ステップを確認!

STEP1

支援機関に経営課題や課題解決のためのITツールを相談※
 ※必須ではありません

STEP2

導入したいITツールとIT導入支援事業者を決定し、HPから申請に必要な情報を提出

STEP3

審査を経て、採択されればITツールの導入・活用

HPでのツール検索が可能になりました!

IT導入補助金2022ホームページにて
IT導入支援事業者・ITツール※検索が可能に!
1つのツールを複数の事業者が取り扱っている場合もありますので、検索サイトを使って、ニーズに合った適切な事業者とツールを選びましょう!

※ITツールとは、「業務効率化」のために、新たに導入される「ソフトウェア製品」や「クラウドサービス」などです。 導入にあたってのサポート費用や設定費用もITツール、つまり補助の対象として含まれます。


"要件が複雑で“自社にどう活用できるのか”
“どの申請枠が適用できるのか”と迷われましたら
岡崎市 名古屋市の税理士法人アイビスまで お気軽にご相談ください。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。