お客様の声

お問い合わせ内容

「業務拡大に向けて、会計事務所を見直そうと思っています」

その具体的な内容

「スピード感に、現事務所がついていけなくなっているので相談したい」
「毎月、もっと早く試算表を見たい」
「申告だけではなく、許可申請や社会保険のことなど会計・財務、給与・労務、すべてやってほしい」

背景(お客様からのお話)

現事務所は、税理士法人ではない昔ながらの小さい事務所。
お世話になって感謝しているが、いろんなサービスにばらつきを感じている。
申告はしてくれているが、許可申請は行政書士さん、社会保険は社労士さん、と言われて不便に感じることが多い。

  


お客様の声

ご契約の理由

「ワンストップサービスで、経営課題を何でも相談できることがよかったです」

「別で行政書士や社会保険労務士に自分で依頼しなければならない不便さがなくなり、すべてお任せできて助かります」

ご継続の理由

「毎月の試算表からの提案と指導があり、着実に経営改善ができるところがいい」

<毎月の試算表について アイビスから>
アイビスでは、試算表を毎月、極力早くご提出することを大切にしています。
業務拡大において、経営の指標になるこの大切な毎月の試算表を、「月次決算書」という形でご提出しています。

「キャッシュフローが改善しました」

<キャッシュフロー改善について アイビスから>
試算表の数字に基づき、資金繰り、キャッシュフローがうまくいくかどうかの観点で、黒字・赤字の理由をお伝えしています。
理解していただくことによりキャッシュフローが改善します。

「今までわからなかったことをわかりやすく教えてもらえています」

<ご指導について アイビスから>
そもそも試算表の見方、貸借対照表・損益計算書の見方がわかっていなかったというお客様もいらっしゃいます。
業務拡大をしていく上では、知らないよりも知っていた方が大きなアドバンテージとなりますので、試算表の見方をお伝えします。
事業活動がどこにどのように表されているのか、ということが明らかになり、経営改善に役立てられます。
さまざまな会計・財務に関する言葉の意味からお伝えすることもあります。
「こんなことを聞いていいかどうか」と前置きされるお客様もいらっしゃいます。
躊躇せずにどんな小さな疑問点も、どんどん聞いていただき、業務拡大に役立て邁進していただきたいと考えています。

「利益対策がいい」

<利益対策について アイビスから>
黒字化されれば、当然税金を支払うことになります。
黒字化だけが経営改善ではなく、その先の利益対策、つまり現金が残ること、増えることまでをご指導いたします。
業務拡大においては非常に大切なことです。

「担当者一人に頼りきりではなく、誰かに聞けるという規模感がいい。安心」

<規模感について アイビスから>
アイビスは、お客様の成長と安定に貢献することを理念とし、1995年の開業以来、ワンストップサービスの実現を目指して成長を続けました。
現在税理士3名、社会保険労務士2名、FP2名、経営コンサルタント3名、税理士科目合格者や司法書士や社会保険労務士を目指す者で構成する税理士法人・社会保険労務士法人・行政書士事務所・相続手続・相続対策を統括するアイビスビジネスコンサルティンググループとなっています。

「規模感がいい」と言っていただける背景には、お客様への対応が属人化しないよう、多人数のスタッフが関わるようにしているということがあります。
お客様の情報を社内で共有しているため、お客様のことをみなが理解に努めていますので、お客様は、担当者一人に頼りきりにならず安心していただけます。
お客様の中には、アイビスに何かを聞くとき、例えば経営のことは税理士、実務的なことは税務・会計スタッフ、社会保険のことは社会保険労務士、簡単な伝達等は電話に出たスタッフに聞く、といった具合に、使い分けているお客様もいらっしゃいます。


お電話でのお問い合せはこちら

電話番号:0120-054-078