会社設立後の届出の提出を忘れていませんか?/岡崎市の税理士法人アイビスがお届け


会社設立登記をして、会社設立が終わりだと思っていませんか?
会社設立後、税務関係、社会保険関係、労務保険関係の手続きが必要になります。
会社設立後に提出する税務関係書類についてご紹介いたします。

税務関係

税務署への届出


提出書類 提出期限
設立届出書 設立の日以後2か月以内
青色申告の承認申請書 以下のいずれか早い日の前日
・設立日以後3か月を経過した日
・設立事業年度終了日
給与支払い事務所等の開設届出書 事務所開設日から1か月以内
棚卸資産の評価方法の届出書 設立事業年度の確定申告期限(仮決算による中間申告を行う場合には当該申告期限)
減価償却資産の償却方法の届出書
有価証券の評価方法の届出書
申告期限延長承認申請書 事業年度終了の日まで
事前確定届出給与に関する届出書 設立日から2か月以内

都道府県、市町村への届出


提出書類 提出期限
設立の届出書 設立の日以後2か月以内
申告書の提出期限の延長の承認申請書 事業年度終了の日まで

来週の火曜日は、税務関係書類の内容についてお届けします。

名古屋市・岡崎市の税理士法人アイビスでは皆様に役立つ情報を随時お知らせしています。
届出の不明点がありましたら、岡崎市の税理士法人アイビスまでお問い合わせください。


関連記事

この記事のハッシュタグに関連する記事が見つかりませんでした。