相続税

税務署から「相続についてのお尋ね」という書面がきたら?


相続税が発生する可能性が高い相続人に送付されます。

相続開始数か月後に突然税務署から「相続についてのお尋ね」という書類が届く場合があります。
これはいわゆる「お尋ね」と言われる書面です。実はこれ、相続をしたら必ず来るものではありません。
「相続税が発生する可能性が高い」と税務署が判断した相続人に対して送付されるものです。

実際にこれが届くと相続人は「え?相続税が発生するの?」と動揺するケースがありますがまだ慌てることはありません。
しかしながら、税務署は固定資産の情報や生命保険金調書、預貯金等を調査したうえで「相続税が発生する可能性が高い」と判断し送付しているので、 自分が相続した財産に相続税が発生するのではないか?と疑うべき案件かと思います。
放置をすると、税務調査が行われ無申告として本来払う相続税の他に「延滞税」等加算税が発生する可能性があります。

60分無料 の相続税簡易診断をどうぞ

税理士法人アイビスでは不安なお客様に対して無料相談を実施しております。
まずはお客様のご事情やご要望を伺い、まずはお客様の現状をしっかりと受け止めさせていただきます。ご相談は無料(初回60分)ですので、お気軽にご相談下さい。

【無料相談時にお持ちいただきたいもの】
■固定資産税納税通知書・納付書
■預貯金の残高(もしくは通帳のコピーがあれば)
■株式等、有価証券の保有株式

等がありましたら持参いただければ具体的なご相談ができます。

※なくても可能です。


お電話でのお問い合せはこちら

電話番号:0120-054-078